Golden Hill (2003)


瀬戸キャニオン:金色に光る丘 直径90cm 2003年

2003年 双葉社季刊陶磁郎37 やきもの写真工房15に掲載

子供の頃から知っていた近所の大きな穴
それをセトキャニオンと呼ぶ事は最近になって知った。
美大生だった頃の
年に一度くらいの帰郷。
沈んだ空が夕刻に突然晴れ渡り、
駆け足でやって来た羊雲が
美しく色づいた。
太陽が沈んでしまう前に、
その大きな穴に走った。
間に合ったと思ったのだが、
すでに日は差し込んでいなかった。
そうか、
ここは大きな穴の中なんだ。

地面はもう暗いが、
空はまだ明るい。
その日最後の直射日光が
わずかに小高い東側の丘だけを
金色に染め上げた。
絶景だった。

頭上の空は刻々と多様な表情を見せる。
足下の粘土に変わらぬ価値がある。
天と地。
静と動。
粘土と炎。
自然と人知から美が生まれる町。

Leave a reply